車庫証明の取り方全部教えます。

実際に幾度なく車庫証明を取得した行政書士が
その手順と書類の作り方を

詳しく解説!

 

 

提供
小平一橋大学前行政書士事務所
こだたま行政書士事務所

車庫証明を自分で取ってみよう!

小平一橋大学前行政書士事務所の車庫証明ウェブサイトへお越し頂きありがとうございます。

事務所代表の行政書士、坂﨑文哉と申します。

 

行政書士をやっておきながらこう言うのも何ですが、車庫証明をご自身で取ることは比較的簡単です。
当事務所が得意とする飲食業の許可や建設業の許可とは違い、難解な法律、ルールもほとんどありません。
(ちなみに、飲食営業や風俗営業、建設業などは最初から依頼してしまった方が良いです。これらは慣れない方がやるとかなり手こずるからです。)

 

車庫証明の場合は平日にお時間が取れる方であればご自身で手続きしてしまっても良いかと思います。依頼する費用が浮きますしね。

そんなわけで、ご自身で手続きができるように、ここでは当事務所が幾度となく申請した車庫証明の経験に基づき、車庫証明の手続きについて詳しく解説していきます。

もし、ディーラーの方や「車庫証明のやり方くらい分かるけど、書類作るのが面倒だ」「行く暇無いから誰かにブン投げたいんだ!」ということで、最初からご相談・ご依頼を検討されていた方は、本来の行政書士ウェブサイト風に作ったページもありますので、下のリンクからご覧ください。

 

ご相談・ご依頼を検討されていた方はこのページ
※問い合わせフォームではありません。当事務所の特徴をご紹介するページです。

 

では、これから車庫証明を取るまでの一連の流れをご説明します。

東京都における一般的なケースで説明していきますので、イレギュラーな案件の場合は応用が必要ですが、その場合は管轄の警察署や当事務所にお尋ねいただいて構いません。(もちろん、当事務所に手続きとしてご依頼いただいても構いません。笑)

また、東京都以外の場合であっても、一部書類の様式は変わりますが、大枠は同じです。

 

 

・・・と、その前に、

車庫証明が必要な場合はこんなとき

一応、これだけ確認しておきましょう。
どのような場合に車庫証明を取る必要があるのかということですね。

新しく車を購入したとき

この場合はディーラーや中古車販売店がやってくれることが多いです(ちなみに、彼らも行政書士に頼んでいる場合もあります)

引越しなどで車の使用者の住所が変わったとき

住所が変わるということは、車庫証明で言う「使用の本拠」が変更となるので、改めて車庫証明を取り直す必要があります。
※ちなみに、車検証の表記も変えなければならないことになりますので、車庫証明を取った後にその変更手続きも必要です。

駐車場の場所が変わったとき

これも、車庫証明で重要な「(車の)保管場所」が変わるということなので必要。

車の売買や譲渡(ただであげること)、相続などによって普通自動車の所有者が変わったとき

注意点は、「家族間で売買・譲渡・相続したときも新しい車庫証明が必要」ということです。

但し、「同居の家族・親族」で「駐車場の位置も変わらない」場合は車庫証明を改めて取る必要はありません。
これは、車庫証明の二大要素「使用の本拠(使用者の住所)」と「保管場所(駐車場所)」に全く変更がないからです。
(それでも車検証上の所有者が変わることになるので、車の名義変更手続きは必要です。名義変更手続きの際、通常必要となる車庫証明の提出が省略できるというだけですから。)

 

では、今度こそ車庫証明の手続きについてのご説明に入ります。  どうぞご覧ください。

 

車庫証明を取得するためにやること

駐車場を探すところからスタートです。時系列に並んでいます。
ご自身の必要なところだけご覧いただければかまいません。

 

step
1
駐車場探し

  • 駐車場を借りる場合、まずは駐車場を不動産屋などで探します。
  • この時、いわゆる「3ナンバー」車は駐車不可という駐車場がまれにありますので注意しましょう。
  • 車種や車の寸法(車検証に書いてあります)をメモに控えて、探しましょう。

 

step
2
駐車場の測量

  • メジャーなどで幅と長さ(奥行)、必要に応じて高さを測ります。
  • 資料等で寸法が確認できる駐車場であれば省いても構わないのですが、念のためご自身で測った方が安心でしょう。
  • 車庫証明を取る観点からは、10センチ単位で構いません。(2.6mや5.8mというような表記ができれば充分です。)

 

step
3
駐車場の確保

  • 寸法等問題なければ駐車場確保(契約)します。
  • 賃貸の場合は、この時点で必要に応じて駐車場の貸主か不動産会社に「この駐車場で車庫証明を取りたいので、【保管場所使用承諾証明書】を発行してください」と依頼しておきましょう。 承諾証明書は必要書類のひとつです。
    ※但し、きちんとした駐車場の契約書を交わせば承諾証明書は原則不要となります。

 

step
4
必要書類集め

車庫証明においては、念のため自分の住所を証明する下記の書類などをいずれか一通用意しましょう。
但し、個人名義での申請の場合はこのような住所証明はつけなくていいですよ、と言われる警察署もあります。

  • 運転免許証
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 自宅に最近送られてきた消印付の郵便物
    (主に、引越し直後で住民票等移していない場合)
  • 法人名義の場合は、履歴事項全部証明書など謄本

その他、作成すべき書類については、次の「5:書類作成」の欄をご覧ください。

 

step
5
書類作成

それぞれ作成の仕方ページを作りましたので、必要に応じて書類名をクリックしてご覧ください。

自動車保管場所証明申請書 保管場所標章交付申請書 保管場所の所在図・配置図 自認書or承諾書

 

step
6
書類一式を管轄の警察署に提出

  • 管轄の警察署の車庫証明係にこの表の「4」と「5」で用意した書類を提出して申請します。

この時、現金2,100円と申請書で使った印鑑も持っていきます。印鑑は万が一何か訂正があった時に便利です。

  • なお、どこの警察署に行くか、つまり警察の管轄はご自身の住所ではなく車の保管場所(駐車場)の所在地から決まります。
    ※東京都の多摩地区しか載せていませんが、警察署の管轄は管轄表でご確認ください。
  • 提出先は「車庫証明係」です。大抵、警察署の1階の目立つところにあるはずです。
  • ここで書類の確認が行われ、問題なければ受理。手数料2,100円を支払うよう言われますので、指示に従ってその窓口で支払います。支払窓口でもらった2枚の紙切れ(1枚は領収証書)を再度車庫証明窓口へ持って帰ります。行ったり来たり。
  • そして、車庫証明はその場では発行されません。いつ頃車庫証明ができるかを教えてくれます。

 

step
7
車庫証明ができるまで待つ

  • 車庫証明を申請して受理された際に言われた「車庫証明が出来上がる日」が来るまで待ちます。ただ待つだけです。
  • もっともスタンダードなスケジュールでは、提出日から中2日(平日)経ってからの交付されます。

 

step
8
車庫証明の受取り

再び管轄の警察署へ行き、車庫証明係に申請のときに持ち帰った「引換券(領収証書)」を提出。引換券忘れたら基本的には出直し。(受理番号などが分かればいいですが。)

持っていくものは、

  • 「引換券」
  • 「印鑑(認めでOK。ご本人が受け取る場合はサインでも可能。)」
  • 「現金500円」

です。

ここで「交付手数料」として500円を支払います。

引換券とご本人の印鑑さえあれば、ご家族や他人でも受け取れます。(小ネタ)

 

step
9
完了

これで完了です。

この後、車の名義変更をする場合は、車庫証明の発行日(受け取った日ではなく、車庫証明に記載されている証明の日付です)から1ヶ月以内に行いましょう。過ぎると原則として、再度車庫証明を取る必要が生じます。

 

 

これで一連のご説明は終わりです。

書類の書き方は上の表の5でそれぞれのページにリンクしていますから、ちょっと面倒ですがそれぞれご覧ください。

 

もし、やっぱり面倒、やり方は分かるけど時間がないんだという方は、その時は当事務所にご連絡ください。
当事務所売り込み用のページ(?)もありますので、まずは下のリンクからご確認を。

ご相談・ご依頼を検討されていた方はこのページ
※問い合わせフォームではありません。当事務所の特徴をご紹介するページです。

また、一通り見たけどやっぱり個別に聞きたいことがあるという方も、お気軽にお問い合わせいただければ個別具体的にご回答します。

更新日:

ご依頼のお電話はこちらをタップ!

Copyright© 車庫証明・車の名義変更お助けサイト 小平・多摩 , 2019 All Rights Reserved.