委任状(普通車)

普通車の名義変更(移転登録)を他の人に代わりにやってもらう場合、委任状を作っておく必要があります。

まずは見本をご覧ください。

見本に出てくる林洋平さんは車の新所有者、小平太郎さんは旧所有者です。

車の名義変更ということは、車を手放す人と手に入れる人が存在する(相続の場合を除く)わけですが、委任状が要らないケースはその二人ともが一緒に多摩自動車検査登録事務所など手続きをする場所に行き、手続きをする場合です。

実務上は、二人して手続きに行くということはほとんどありません。
ほとんどは車を手に入れる側(新所有者)が一人で行くか、そもそも我々行政書士などに手続きの代行を依頼します。

そういう場合に委任状が必要となります。

見本では受任者として「こだたま行政書士事務所」とあり、林洋平さんと小平太郎さんが二人とも委任者となっています。

これは、旧所有者も新所有者も実際に手続きには行かず、こだたま行政書士事務所に手続きを依頼する、というケースです。

 

もし新所有者の方が一人で手続きに行く場合は、こうなります。

名義変更であれば委任状には「移転登録」と記載

この委任状は、移転登録か変更登録(住所変更など)、抹消登録のどれを依頼するのか自分で書く書式になっています。

車の名義変更は「移転登録」です。
忘れずに正確に書いておきましょう。

「自動車登録番号又は車台番号」の欄

自動車登録番号は俗に言う「車のナンバー」のことですから、車体番号を書くよりはナンバーを書いた方が楽です。(見本でもそうなっています)

しかし、ナンバーの管轄が変わる、つまりナンバープレートが変更になる場合は希望ナンバーを出していない限り、新しくどの番号が割り振られるかまだ分かりません。

その場合は、車検証で参照するなどして車台番号を記載しておきましょう。

日付

日付の欄は、手続き日当日でも一向に構わないですし、ちょっと前の日付を書いてもいいでしょう。

手続き当日よりも末来の日付になっていることは許されません。
また、何年も前の日付になっていることも避けるべきでしょう。

押印について

委任状に押す印鑑は、必ず実印です。
必要書類に印鑑証明書も求められているので、ごまかしはききません。

委任状(普通車)のダウンロード

委任状は下のダウンロードボタンからダウンロードできます。
PDFファイルでのご提供です。

普通車用委任状をダウンロード

投稿日:

ご依頼のお電話はこちらをタップ!

Copyright© 車庫証明・車の名義変更お助けサイト 小平・多摩 , 2019 All Rights Reserved.