保管場所の所在図・配置図

作成前はこういう書類です。

質素ですね。

これに駐車場の周辺地図(所在図)と駐車場の寸法等(配置図)を書いていくわけです。図を描くんですよ。絵心が試されます・・・。

と言いつつ、ポイントは決まっています。
図の上手い下手は関係ありません。
ポイントさえ押さえていれば、手描きでへなちょこの図を書いても構わないのです。

あまり深く考えないようにしましょう。

 

なお、賃貸の月極駐車場などをご利用の場合、この所在図・配置図についても不動産管理会社が作成してくれることがあります。先にそちらへも問い合わせてみましょう。

 

では、当事務所が実際に作成して問題なく申請できたものをいくつか例として紹介しつつ、ポイントを説明していきますね。
※毎度、画像はクリックすると拡大します。

 

作成例1

自宅と隣接する駐車場のケースです。
実際の所在図・配置図はこちらです。

 

所在図のポイント

まず、「自分で描かずに地図をパクってきてるじゃないか!」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、当事務所は原則として手描きを用いません。

絵心に自信がないからです。個人でやる分には良いですが、依頼を受けてやる以上、へなちょこな図を持って行くわけにはいかないのです。

このように、地図を転用することは警察署として全く問題ありません。

しかし、グーグルマップなどを画像で取り込むなどして転用することは厳密にはグーグルの規約違反(著作権上の問題)となります。
そこはあくまで自己責任とはなりますが、今回のような使途であれば現実にトラブルに巻き込まれることはないでしょう。警察署もそこを突っ込んでくることはありません。

 

さて、所在図のポイントのひとつは、使用の本拠の位置(原則として車の持ち主の住所)と駐車場(保管場所)がどこかをきちんと示すことです。

なお警察署が発行している見本では、それらの直線距離も分かるように記入することとありますが、今回の例では自宅と駐車場が隣接しているので、距離を記入しておらずとも問題ありません。

また、このように地図を転用している場合は警察もそれを見てすぐに「ああ、あの辺ね」と分かってくれるのであまり気にすることもありませんが、特に手描きの場合、描く人の上手い下手に関わってくる部分もありますので、目印となる建物、駅などを示しておきます。

その地域で有名な建物であるとか、学校であるとかが分かりやすいですね。
間違っても自分しか分からない「友達の家」「鈴木さんの家」などを目印として書くことはよほどのウケ狙いでない限り無駄になりますのでやめましょう。

 

駅の近くであれば駅でも良いですね。
ただ、これまた警察署が発行する見本が大抵、駅を目印に使っているからと言って、無理やり最寄り駅を入れる必要はありません。

駅から遠い自宅・駐車場の方は、無理に駅を入れようとするとかなり広い範囲の大まかな地図になってしまい、何だかよく分からない所在図が完成してしまいます。

ある程度周辺が分かれば良い、くらいに考えて問題ありません。

 

配置図のポイント

これはもう決まっています。下記の条件は原則として外せません。

 

  • 駐車場の寸法、つまり幅・奥行を記載しておくこと。立体駐車場や高さ制限のある駐車場は高さも記載しておくこと。
  • 駐車場から公道に出る部分の幅を記載しておくこと。
  • その公道の道幅を記載しておくこと
  • 敷地内に複数の駐車場がある場合は、駐車場番号を記載し、自分の車の駐車位置も分かるように記載しておくこと

 

これら4つは必ずと言っていいほど表記しておきます。

ちなみに、公道の道幅は車の交通の真っ只中で実際に測る必要もそうそうなく、おおよその感覚で良いでしょう。
教えてgooやyahoo知恵袋などで「実際に測るべき」という意見も見受けられますが、実際に車庫証明を幾度となく申請した当事務所、まず、測りません

距離感がある程度分かる方であれば、それに基づいても大丈夫です。
どうしても心配であれば測っても良いですが、メジャーで計測はお勧めしません。自分の歩幅を測っておいて、道路を歩いてみてその歩数を掛けて割り出すという程度で充分です。

むしろ、交通量のある大通り幅を無理に測ろうとしてメジャーなんかを持ち出すと危険ですし、かなりの迷惑行為となります。

一方で、駐車場の寸法などは実際に測ることが望ましいです。
1センチ単位という厳密さは要りませんが、10センチ単位くらいは把握した方が良いでしょうね。

 

作成例2

3階建ての建物で、1階部分が倉庫兼駐車場、2階以上が自宅というパターンです。

所在図・配置図共に、コツは作成例1とあまり変わりませんね。
あまり重く考えず「分かればいい」をスタンスにしましょう。

今回は建物内に駐車場があるため、「出入り口」にはこだわりました。

なお、配置図についてはこのように当事務所ではパソコンでやっていますが、慣れない方は手描きの方がむしろ早いかもしれないです。

 

作成例3

使用の本拠(自宅)と保管場所(駐車場)がけっこう離れているケースです。
また、所在図について「別添地図参照ください」としたもの。

そして、この用紙と別にペラで用意した「別添地図」なる書類。

 

所在図のポイント

今回は地図を用紙に貼り付けず、所在図欄には「別添地図参照」とだけ書いて、別にA4の用紙で地図をつけました。
別に所在図欄に詰め込んでも良いのですが、図がその分縮小されて分かりにくくなるくらい自宅と駐車場が離れていましたので、この方法を採用しました。

別添地図自体は基本通りです。
今回は直線距離が示されていますね。地図には大抵縮尺率がどこかに表示されていますので、それをもとにおおよその距離を書いておきます。

但し、車庫証明申請において使用の本拠と保管場所がお互い2km(直線距離)以上離れている場合は受理されません(車庫証明が取れない)ので2kmギリギリになる場合は慎重に測った方が良いかもしれません。
当事務所においてもそこまでギリギリラインの案件は未だにありませんが、その時が来たら測量士に頼むべきか悩んでいます。

配置図は基本通りです。

投稿日:

ご依頼のお電話はこちらをタップ!

Copyright© 車庫証明・車の名義変更お助けサイト 小平・多摩 , 2019 All Rights Reserved.