譲渡証明書

譲渡証明書とは、普通車の名義変更の手続きをするにあたり、旧所有者が新所有者に車を譲渡(売買、贈与を問わず)したことを証明するための書類であり、必要書類です。

なお、軽自動車の名義変更の場合は、譲渡証明書は必要ありません。

 

譲渡証明書の書き方作り方

譲渡証明書にはいくつか注意点がありますので見本図を基に説明していきます。
まずはその見本です。見にくければ、クリックで拡大します。

車両情報を書く部分

見本で言う一番上の欄にある「車名」「形式」「車体番号」「原動機の形式」については車検証に書いてあるまま書きます。

譲渡人の署名捺印

車を売る、あげるなどして名義を失う人(見本では「林洋平」さん)がその次に署名捺印します。
印鑑は、必ず実印で押してください。

なお、氏名住所を書く欄は氏名が先になっても住所が先になっても構いません。ちゃんと書いてあれば良いです。

譲受人の署名

新たに車を得る方(見本では「小平太郎」さん)が署名します。
住所も書きます。

ここで注意点として、譲受人の方は絶対に捺印してはいけません
捺印欄があるのでついつい押してしまいたくなりますが、ここに押してしまった場合、意味合いとして「下の欄に名前のある人に車を譲渡しましたよ」ということになります。

譲渡年月日

正確な譲渡日(売買日・贈与日)が分かればそれを書けば全く問題ありません。
但し、運輸支局としてはそんなに大げさに見ているわけではないようで、手続きに行った当日の日付でも、数日前の日付でも、とにかく手続き日以降になっていなければ大丈夫です。

 

譲渡証明書のダウンロード

特にこの書式でないとダメ、ということでもないようですが自分で書式から作るとなると単に面倒な作業を増やすだけですから素直にこの書式を使った方が良いでしょう。

フォーマットが欲しい方は、下のダウンロードボタンからどうぞ。
PDF形式で提供しています。

譲渡証明書ひな形ダウンロード

投稿日:

Copyright© 車庫証明・車の名義変更お助けサイト 小平・多摩 , 2019 All Rights Reserved.