こだたまちゃんと学ぶ車庫証明

車庫を新規登録する時の警察チェック

更新日:

kodatama
今日、車庫証明の申請に行ったらとんでもないこと言われたコダよ!

 

いつも何かしらあるこだたまちゃんは大変だねえ。
hayashi

 

kodatama
警察が「この車庫、現地調査しますね」とか言うコダよ!!
潔白清廉な小平市民・多摩の民を疑っているコダか!

 

あ~、もしかして駐車場が、初めて車庫証明を取るところだったんじゃないの?
hayashi

 

kodatama
どういうことコダか?確かにうち(←こだたまちゃんは自分のことをこう呼ぶ)はそこで申請するの初めてだコダよ。

 

と言うより、その場所で車庫証明の申請が一度もされたことがないんじゃないかってこと。
過去、誰もその場所で申請したことがないってこだよ。
hayashi

 

kodatama
未知なる領域ということコダか。

 

そう、警察にとって、未知なる場所と言ってもいい。
hayashi

 

kodatama
でも、ちゃんと配置図や所在図で事実をそのまま書いて提出してるコダよ?
それを信じないというコダか。

 

まあ、こだたまちゃんが悪いことをするってこともなさそうだけど、そうは言っても警察にも本当にその車庫が存在し、車がすっぽり収まる大きさを持っている車庫かを確認する責任はある。
hayashi

 

kodatama
でもショックだコダよ。こいつは信用できないと思われたコダ・・・。

 

いやいや、申請書を出しに来た人を見て「こいつは信用できそうだから現地確認しなくていいか」「こいつは嘘ついてそうだから現地確認しよう」とか警察が区別していたら、それこそ大問題でしょ。
hayashi

 

kodatama
うちだったから調査に行くということではないコダか?

 

そう。警察は車庫証明の申請が出される度に、手持ちのデータからその車庫を探して、そして証明出すかどうかを決めるんだ。
もし、データがない、つまり一度も車庫証明を出されたことのない場所での申請が来たら、データ収集も兼ねて、必ず現地を確認するんだよ。
hayashi

 

kodatama
てっきり疑われているのかと思ったコダよ。

 

違う違う。言い方は悪いけど、機械的に確認すると言っても良いな。
hayashi

 

kodatama
良かったコダ。

 

例えば新築のマイホームを購入した場合なんかは、ほぼ現地調査入るね。
hayashi

 

kodatama
そうだったコダか。警察の現地調査には立ち会う必要はあるコダか?

 

いや、あくまで車庫の存在と寸法を確認するだけだから、立ち会う必要はないよ。ただ、シャッターで閉じられたタイプの駐車場は、そのシャッターをしばらく開けっ放しにしておくか、それが嫌であればシャッター開けるために立ち会う必要はあるね。
hayashi

 

kodatama
うちの、警察に対する心のシャッターも少し空いたコダ。

 

・・・。
hayashi

 

車庫の新規登録では現地調査が入ります

誰も申請したことがない車庫(駐車スペース)で車庫証明と取ろうとする場合、警察にその車庫のデータがないことがほとんどですから、警察は現地に行って車庫をその目で確認する必要があります。

この場合申請が受付けられたあと「現地調査をします」と言い渡されますので、そのつもりでいましょう。

 

基本的には予め「いつの何時に行きます」という事前連絡はありませんので、「いつ来られても良い状態」にしておきます。
警察がやることは「車庫の存在の確認」と「車庫の寸法の確認」ですから、それができれば問題ありません。

 

多少、車庫に物を置いていても良いですが、寸法を測ることができないくらいごった返していたり、ガレージのシャッターを閉めていて、開けないと何も確認できないということがないようにします。

また、ほとんどの場合、この現地調査が入るからといって車庫証明の交付が遅れるということはないようです。
警察も都合をつけて何とか通常通りの日程で交付できるようにやってくれます。もちろん、何らかの事情で現地確認ができない場合はその分遅れてしまいますが。




-こだたまちゃんと学ぶ車庫証明

Copyright© 車庫証明・車の名義変更お助けサイト 小平・多摩 , 2019 All Rights Reserved.