所有権解除

所有権解除とは、ローンで買った車の所有者が未だにローン会社等になっている場合で、その所有権を現在の使用者(大抵は、車を買った人)に移転することです。

もちろん、ローンを完済した後にできる手続きです。

所有権留保

車をローンで買った場合、車検証を見るとほとんどは所有者欄にローン会社か自動車販売会社が記載されているはずです。

このような感じです。

これは、「車はあなたが使っていいけど、ローンを払い終わるまでは所有権をこっち(ローン会社等)に留めておきますよ」ということで、「所有権留保」と言います。

これは支払いが途中で滞ってしまった場合、所有者欄に記載のある会社が車を返してもらって(車の引揚げ)、少しでも回収の足しにしようという目的です。

所有権留保がついたままでも普通に乗って使う分は問題ないですし、車検も普通に通りますが、自分に所有権がない以上、勝手に車を売ったりあげたりということはできません。

また、ローンを完済したとしても、ローン会社等が勝手に所有権解除の手続きをやってくれるわけではなく、ほとんどの場合は自分から「所有権解除をお願いします」と連絡しない限りそのままになってしまいますので、支払いが終わったら、必ずこちらから連絡して手続きを行いましょう。

 

所有権解除の大まかな手順

それでは、所有権解除をやってみましょう。
大まかな手順は以下の通りです。

ローン会社等に連絡

まずは車検証を見て所有者欄に記載のある会社に連絡します。
車検証には電話番号は載っていませんが、インターネットで「会社名 所有権解除」と検索すれば窓口が分かることが多いです。

この時、車検証はお手元に置いて(あと、欲を言えばナンバープレートの色も把握しておきます)連絡してください。
先方から「普通車か軽か」「ナンバーは何番?」などいくつか聞かれた後、後日、それに応じた書類が送られてきます。(委任状や印鑑証明、譲渡証明書等)

新所有者の書類を集める

もちろん、信販会社等から送られてくる書類だけではまだ手続きはできません。
なぜならその書類は、現所有者が「所有権解除します」と言ってるだけに過ぎない書類だからです。

つまり「信販会社の所有権を解除して、誰に所有権を持ってくるのか」という部分が不足しているのです。

大抵の場合、自分に所有権持ってきますよね。
そこで、ご自身に関する書類も必要ということです。

それは何かというと、「印鑑証明書」です。

所有権解除も、名義変更の一種です。
普通車の名義変更には、名義を失う人と新たに名義を得る人それぞれの印鑑証明書が必要です。

逆に言うと、所有権解除で改めて用意するのはこれくらいです。(氏名や住所が変更している場合を除く)

車検証の原本を用意

手続の際に窓口で車検証の原本が必要となります。
これはどこから取り寄せるというか、必ず車に積んでますよね。

個人間の売買や譲渡による名義変更ではこの他に「自動車保管場所証明書(いわゆる車庫証明)」が必要だったり、場合により自賠責証明書や納税証明書の持参が必要だったりしますが、所有権解除にはこれらは必要ありません。

※ちなみに、通常の名義変更でも当事務所の経験上、自賠責証明や納税証明を求められたことはありません。車検期間が残っていれば当然あるでしょという建前で不要にしているのかもしれませんね。(東京の多摩地区に限る話かもしれませんので、他地域の場合は念のため問い合わせてください)

あとは あとはほんの少しだけ、現所有者(ローン会社等)が送ってきた書類に手を加える必要があります。項目に分けてご説明します。

 

現所有者から送られてきた委任状

おそらく空欄になっているだろう日付を入れてください。

これは後述する運輸支局の窓口に提出する日でも良いでしょう。その場で書いてもいいですね。
後は委任者の欄ですが、ここは実際窓口に行く人の住所氏名を書きます。

本来、車の名義変更は名義を失う人と新たに得る人が二人で窓口に行って手続きをするのが建前ですが、もちろんローン会社等から見ると無数に発生する所有権解除のためにいちいち行ってられません。

よって、新たに名義を得る人に「あなた一人で手続き行ってください」ということで委任状を出しているのです。

 

現所有者から送られてきた譲渡証明書

これは図をもってご説明しましょう。

赤字の部分は予め記載されているところです。(一部空欄になっている場合もありますが、その場合は車検証の記載を見ながら自分で追記しておきましょう)

また、実印と書いてあるところは、現所有者が既に印鑑を押してくれています。

青字が自分で書くところです。

注意点は、この譲渡証明書においては、新たに名義を得る人の実印の押印は不要ということです。
逆に、これを押してしまうと「さらに誰かに名義を移します」という意思表示になってしまうので、実印も認印も、自分の印鑑は何一つ押してはダメです。

また、譲渡年月日のところに「だいたいでOK」との説明を付けましたが、厳密にやりたければ、ローンを完済した日です。
しかし窓口で手続きを行う日以降の日付でない限り、運輸支局としてはどうでもいいようです。

 

いよいよ、地域の運輸支局へ!

さて、ここまで来たらあとは書類を整えて、ナンバーを管轄する運輸支局に行きます。
インターネットで「多摩 運輸支局」「所沢 自動車登録検査事務所」などと検索すればすぐに調べられます。

この時、ご自身の実印そのものは必ず持っていきます。窓口で押すところがあります。

運輸支局(自動車登録検査事務所)に行ったらまずは申請用紙を20円程度で買います。(既に書類をお持ちの場合はもちろんこのお金は不要です。)

申請書の他にも印紙貼付用紙や「自動車取得税・自動車税申告書」というものをくれるはずです。

これらを現地でさらさらっと作成(慣れていないと手こずりますので、窓口で聞きながらやってください)したら、これまた現地で購入できる印紙を買って、印紙貼付用紙に貼り付けます。

所有権解除は「移転登録」という部類にあたるので500円の印紙ですね。

いよいよ窓口に提出するわけですが、所有権解除で信販会社等からもらった書類や自分の印鑑証明書、車検証原本などもひとまとめにして、大抵は

①申請書を出す窓

②自動車取得税・自動車税申告書を出す窓口

の2か所があり、①→②の順に回ります。

①でしばらく待っていると新しい車検証が交付されますので、あとは②に行って残りの書類出して完了です。

所有権解除は通常、車庫証明もいらないし簡単なのですが、窓口が混んでいるときに行くとかなり待つ場合もあるので、時間に余裕があるときか、行政書士に頼んでしまいましょう!

更新日:

Copyright© 車庫証明・車の名義変更お助けサイト 小平・多摩 , 2019 All Rights Reserved.